スポンサードリンク



新フコイダン療法

新フコイダン療法とは、フコイダンとともに、フコキサンチンマグジサリシレートRを使用する治療方法です。



フコキサンチンは、がん細胞に対して、アポトーシス作用があります。マグジサリシレートRは、COX-2という炎症を起こしているところへ集まる物質の働きを選択的に阻害する作用があることで、がん細胞の増殖抑制、がん細胞の転移抑制、新生血管の抑制につながり抗がん作用を期待できます。



フコイダンには、免疫調整作用・血流改善作用があります。がんにより低下した免疫力を、フコイダンは正常な状態まで戻し、自らが、がんと闘えるようにします。また、循環器系の改善により、血流がよくなることで、栄養や薬が全身に行きわたりやすくすることで抗がん作用を期待できます。



当初フコイダンに抗がん作用があるとされていたのは、精製が未熟であったために、フコキサンチンや、マグジサリシレートRが微量に混入していたためです。



その後、精製技術が進歩したことで、フコキサンチンや、マグジサリシレートRが含まれていない、純粋なフコイダンのみが使用されたフコイダン療法が行われたことで混乱を招いたといえます。



したがって、フコイダン、フコキサンチン、マグジサリシレートRの3要素を含む治療方法を新フコイダン療法と呼称しているわけです。

フコイダン 最新一覧 By 楽天
posted by fucoi at 16:50 | 新フコイダン療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。