スポンサードリンク



フコイダンの抗がん効果

フコイダンは、抗がん効果があるといわれています。フコイダンには、がん細胞のアポトーシスをうながすことで、増殖を止め、自然崩壊させてしまう作用があります。



フコイダンが正常細胞にはほとんど影響を与えず、がん細胞だけをアポトーシスさせる作用があるという研究の成果が発表されたのは、1996年の日本癌学会でのことです。



2002年にはフランスの科学者によって、F-フコイダンがウサギの細胞の過形成を抑制するという報告があり、2005年には、日本の慶應義塾大学に所属する医学者・木崎昌弘らの研究により、F-フコイダンが人間の悪性リンパ腫の細胞にアポトーシスを起こさせることが発見されました。



さらに、フコイダンには免疫細胞を活性化することで体内の免疫力も高めることで抗がん作用が期待できると考えられています。



フコイダンには、がん細胞がだす血管成長因子 (血管を新しく作らせる物質) のはたらきを、妨害する効果があるため、がん細胞が専用の血管を あらたに張りめぐらす、血管新生を防ぎ、がん細胞の成長を阻む作用が期待できます。



がんは、転移する能力をもっています。健康な臓器に接着因子によってピタリとはりついて、臓器への進入(浸潤) を試みます。



フコイダンは、がんがはりつこうとしている臓器の表面を覆ってバリアすることで接着を不可能にして、がん細胞の転移を防ぎます。



フコイダンは、がん細胞のアポトーシスを促し、がん細胞の血管新生を防ぎ、がん細胞の成長を阻みます。健康な臓器の表面をバリアしてがんの転移を防ぎ、免疫細胞を活性化することで体内の免疫力も高めることで抗がん作用が期待できると考えられています。

フコイダン 最新一覧 By 楽天
posted by fucoi at 23:47 | フコイダンの抗がん効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。