スポンサードリンク



フコイダンと痛風予防

フコイダンが痛風に効果があるようです。痛風の原因物質に尿酸があります。尿酸は酸なのでアルカリ性の尿によく溶けます。そのため、尿をアルカリ性にすることで、体内の尿酸の排泄を促すことができ、その結果、血中の尿酸値を低下させることが出来ます。



痛風の治療薬としてクエン酸が使われるのは、クエン酸は分解されることによって私たちの尿をアルカリ性にしてくれるからです。フコイダンは、尿をアルカリ性にする働きが、クエン酸に匹敵するかそれ以上といわれています。



フコイダンを1日に600mg摂取することで尿のpHを0.2またはそれ以上アルカリ性に上昇させる作用があるとの報告があります。



尿酸値が高くても必ずしも痛風を起こすわけではないようですが、高尿酸血症は腎臓結石など別の病気のリスク要因でもあることからフコイダンを摂ることで尿酸値を下げることは痛風予防以外にも健康効果が期待できます。



また、痛風の発作を発症中にはフコイダンなどの尿酸値を降下させる薬等の投与を開始すると発作を悪化させるので、投与を開始してはならないとされています。

フコイダン 最新一覧 By 楽天
posted by fucoi at 21:08 | フコイダンと痛風予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。