スポンサードリンク



フコキサンチン

フコイダンは、モズクやコンブ、ワカメ、メカブなどの褐藻類の表面を覆っているヌメリに含まれていますが、フコキサンチン(Fucoxanthin)は、これらの色素成分(カロテノイド)の一つです。



実は、フコイダンにあるとされていた抗がん作用の多くは、褐藻類からフコイダンを抽出する際に、微量に混在していた他の成分「フコキサンチン」や「マグジサリシレートR」にあることが解明されています。



そして、フコキサンチンは、増え続けるがん細胞をアポトーシスへと導く抗がん作用があるとされています。これは、従来フコイダンにあるとされていたものです。



さらにフコキサンチンは、脂肪の燃焼を助ける作用があるとされ、ダイエット効果が期待されてもいるようです。



フコキサンチンは、がん細胞のアポトーシス誘導活性、抗腫瘍作用、抗肥満作用だけでなく、抗酸化性、抗糖尿病作用、美容作用等の多機能性を示すキサントフィル類として注目されています。



しかし、褐藻中に含まれるフコキサンチン量は、多いものでも乾燥重量の0.1%程度しか含まれていない非常に希少な成分であり、高濃度な製品の方がより効果が高いと考えられています。

フコキサンチン 最新一覧 By 楽天
posted by fucoi at 11:10 | フコキサンチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。